1月13日(日) | 新宿駅付近(申し込みの方にお知らせ)

こころのサポーター養成講座

誰かの支えになりたい、人の役に立ちたいという気持ちはありませんか? 「腎臓病・透析患者さんとその家族のこころのサポート活動」にサポーターとして参加するためのスキルを身に付ける講座です。
次回のご案内をお待ちください
こころのサポーター養成講座

日時・場所

2019年1月13日 10:00 – 17:00
新宿駅付近(申し込みの方にお知らせ)

イベントについて

対象

腎臓病・透析患者・家族をサポートしたいと思う方ならどなたでも

概要

人の心によりそって前向きな気持ちになれるように背中を押し、互いに支えあうための「傾聴に留まらない話を聴くスキル」や「解決をサポートする会話法」を含む、「コミュニケーションスキル」を学びます。

養成講座修了後、希望者は「こころのサポーター」としてご活躍いただきます。

ただし、「コミュニケーションスキル」は講座を受けただけでは身につきません。繰り返しトレーニングすることが重要です。そのため、スキルアップするための講座や練習会、より良い活動にするためのミーティングなど、養成講座や「じんサポ」が開催されない月にも集まりを持っています。

このような毎月1回の定期的な活動でコミュニケーションを図り、サポーター同士の支えあいも生まれています。

受講料:6,000円

主催・運営:一般社団法人ペイシェントフッド(じんラボ)

講師​ 藤田菜穂子

 クリア-コミュニケーション 代表 

 CTN(コミュニケーショントレーニングネットワーク)講師   

 一般社団法人マナー教育推進協会 副会長

 川口市立看護専門学校 非常勤講師

 コミュニケーショントレーナー、ビジネスマナー講師、パーソナルコーチ、

 歯科衛生士、ウイズ株式会社 トップマナー講師

札幌出身、小学校より東京在住。武蔵大学人文学部社会学科卒業後、東京医科歯科大学歯学部附属歯科衛生士学校へ進学。

(財)ライオン歯科衛生研究所に勤務後、都内開業医にて主任歯科衛生士を務めながらコミュニケーションに関する分野の勉強を始め、1000人以上の患者さんを継続的に担当。

現在はコーチング・コミュニケーションセンスとマナー教育(マナーの心を育み、相手の立場に立った接遇を実践する)を交え、単に「やり方」を伝えるのではなく相手の立場に立ったマナーを実践し、信頼関係を築き、自発性や行動を生み出すセンスをトレーニングする研修を実施。

その他、医療現場や看護学校、一般企業・行政・商工会議所等においても精力的に研修を実施している。

2014年9月に未分化大細胞型リンパ腫を発症。

この時期にがんを発見しなければ余命数ケ月であった状況から、抗がん剤治療を始め複数の治療。リンパ腫の告知から抗がん剤治療の際には、治療を投げ出したくなる自死もやむを得ないと思うところまで追い詰められることを経験。

師や講師仲間、このセンスを学んだ医療者にサポートを受け、寛解。

患者本人にも、患者をサポートする側にもこのセンスが活かせることを実感。

次回のご案内をお待ちください